対談ふんだんの目的

Print Friendly, PDF & Email

異常気象で頻発する巨大災害やマイクロプラスチック問題など、地球全体を覆う危機的状況はひどくなる一方です。その根本原因は悪意からではなく、夢や希望を必死に追い求めてきた人間活動そのものにあります。実は善悪も良識も、人それぞれの好みでしかありません。「人は善を為さんとして悪を成す」、その結果が現在の地球の姿です。

ではどうすればこの危機を乗り越え、安心して暮らせる人と自然の共生を実現できるのか? 「良いことをしよう」ではなく、自分を生かしてくれる自然や他者への責任を果たそうという「糞土思想」の理念にこそ、真の共生への途があると私は考えています。

さらにそれは、争いや差別、格差など、人間社会の問題解決にも通じるはずです。老若男女を問わず、糞土師がさまざまな分野の方々とふんだんに糞談を重ねることで、共生社会に向けた新たな生き方を見出したいと、この対談企画を立ち上げました。

ところで、この地球上に共生社会を実現する上で最大の障害となるのが、自然生態系のバランスを崩して増えすぎた人口問題です。いかにして人口を減らすのか、つまり死に向き合い、死を受け入れることも欠かせません。とはいえ、苦しみや恐怖と表裏一体の戦争や死刑などには大反対です。共生と密接な関係にある命の循環を目指す中で、本人も周りの者も皆が納得できる「しあわせな死」を探し出すことも、この対談ふんだんの大きな目的の一つです。

この「対談ふんだん」は、取材もサイト運営も糞土師個人の無けなしのポケットマネーで行っています。というのも、糞土思想の理想とする共生・循環社会の実現に向けてすべてを出し切り、破産し野垂れ死にして自然に還ることが、糞土師自身のしあわせな死を叶えることだからです。

いつまで、どこまで続けられるかわかりませんが、この糞土師の覚悟に、どうぞよろしくお付き合いください。

糞土師 伊沢正名
「ノグソフィア」webサイト nogusophia.com/